おすすめしない?250ccバイクで高速道路は・・・【余裕です】

バイクのあれこれ
スポンサーリンク

どうも、ゆーろです。

バイクの免許を取得して、愛車とツーリングするようになってからかれこれ3年…

色んな所へ行くようになりました。

今では少し足を延ばしてツーリングする時は高速道路をよく使います。

その時にふと思うのが「最初は250ccのバイクで高速道路はどうなのかめちゃめちゃ調べたなぁ」と。

そこで!!

・中型免許を取り立てで、250ccのバイクを買おうかと思ってるけど、高速道路をちゃんと走れるのだろうか?
・250cはしんどいって言われてるけど、実際どうなの?

なんていう悩み持つ方のために記事を書きました!!

今までに高速道路を使ったツーリングを何度も経験しましたので、

・結局は250ccバイクで高速道路は走れるのか
・どのように高速道路を走ればいいのか

この2点にフォーカスしてご紹介したいと思います。

また、動画でも実際に走行しながら解説してますので、そちらもぜひ!

【モトブログ】V-TWIN MAGNA 250 高速インプレッション / マグナ250【motovlog】
スポンサーリンク

250㏄バイクで高速道路

釜山夜景, ブリッジ, 釜山, 泊, 広安大橋, 海, 高速道路, 韓国

とにかく皆さんが知りたいのはこれですよね。

結論から言いますと、

走れます!

しかも、僕が乗っているマグナ250なら、かなり余裕を持って走行ができます

もちろん、マグナ250意外の250ccバイクも高速道路を走ることが十分可能です

実際、いつも一緒にツーリングに行くVTR250に乗っている友達も高速道路をバンバン走りますし、僕より速いです。

これで250㏄は高速道路でも十分走ることがわかると思います!!

それでは次に、高速道路を走るときの注意点を見ていきましょう。

走るときに気を付ける点は?

警察の車, 代表車, タスクフォース, Pct, ヒューストン, テキサス州

250ccバイクで高速道路を走れることは分かった。

でも、実際に初めて高速道路を走るときはとても緊張します。

できるだけ落ち着いて挑戦できるように、ここで注意点などを確認しておきましょう。

料金所(入り口)

まず最初は料金所を通らなければいけません。

ここは250ccであろうとなかろうと変わりませんが、一応説明します(笑)

料金所はETCを搭載していればゆっくり通過するだけですので、何の問題も無いと思います。

もし、ETCを搭載していなければ一般と書いてあるレーンに進み、通行券を受け取ります。

通行券を渡してくれるのは係りの人の場合もありますし、機械の場合もあります。

とにかくここで重要なのは落ち着いて行動することです。

通行券を受け取ったら、確実にカバンかチャック付きのポケットにしまいましょう。

あわてて発進しようとしなくても係りのおっちゃんは怒りませんし、暖かく「いってらっしゃい」と言ってくれることもあります。

安心してださい!

後ろから車が来ることもありますが「はやく!!」なんて怒鳴られることはほとんどありません。

むしろETCが普及した現代では、一般レーンに車が来る方が稀です。

料金所で受け取った通行券出口の料金所で使いますので、落ち着いてゲットしましょう。

合流

次は高速道路の本線に合流しましょう。

250ccバイクで高速道路を走る時に、一番気を付けるのはこの合流のシーン。

なぜ、合流で一番気を付けるのか。

それは、加速力が悪いからです。

とはいえ、もちろん合流できるぐらいの加速力はあります。

しかし、バイク初心者には気づきにくいちょっとしたコツが必要です。

高速道路の本線に合流する際、加速レーンで本線の車と同じかそれ以上のスピードまで加速してから合流します。

もし、本線の車より遅いスピードで合流すると、合流した瞬間に後ろから追突される危険性がありますので注意してください。

だいたい加速レーンで80~100km/hぐらいまで加速するのが一般的です。

大型バイクなら正直何速で走っていてもこのくらいのスピードを出せますが、250ccではそうはいきません。

オススメは3か4速で加速しましょう。5か6速では加速レーンだけでは足りなくなってしまうかもしれません。

3か4速であれば、250ccのバイクでも十分に加速レーンだけで80~100km/hまで加速することができますよ!

十分な速度まで加速したら、あとはスッと本線に合流するだけです。

ここは車よりも車体が小さいので簡単に感じられるかと思います。

では次に本線はどのように走りましょう?

本線

さて、無事本線に合流したあなたは目的地までどのように走りましょう。

答えは簡単でゆっくり走ることです。

本線には走行車線追い越し車線に分かれています。

そのうち走行車線をひたすら走りましょう。

慣れれば追い越し車線から追い越しをしてもいいですが、最初のうちは大人しく走行車線を走りましょう。

250ccのバイク的にも追い越し車線はあまり得意ではありません。

走行車線はだいたい80km/hぐらいで流れていることがほとんど。

このぐらいの速度なら、250ccであれば余裕を持って巡行することができます。

もし、「ゆっくり走ってたら煽られそう」と心配な方は、ゆっくり走ってるトラックや車を見つけてその後ろを走るといいですよ。(車間距離はしっかりあけて)

ここまでできたら高速道路は完璧です。

僕みたいに250ccバイクで大阪ー広島(福山)間およそ250㎞を、高速道路を使って一日で往復するみたいなことも全然できます!(笑)

高速道路を走るのにオススメの250ccバイクは何?

マクロ, 歯車, ギア, エンジン, ビンテージ, 産業, 仕事, 機構, 力学

基本的にどの250ccバイクでも高速道路を走ることができますが、多少、得意不得意があります。

気になる方はバイク選びの参考にしてください。

高速性能と気筒数

バイクにはエンジンの種類で単気筒や、四気筒なんてのがあります。

これは簡単に言えば250ccのエンジンがいくつのピストンによって構成されているかです。

そしてこの気筒数によってバイクの乗り味に違いがあります。

一般的に単気筒はトコトコトコって感じ。二気筒はドドッドドッドドッって感じ。四気筒はシュイーンシュイーンって感じ。

気筒数が増えるほどエンジン音は滑らかに繋がって聞こえて、少ないほど一発一発の音がはっきりと大きくなるイメージです。

乗り味に関して言うと、単気筒はトルクがあり、のんびり走る感じ。四気筒は高速の伸びがあり、レーシーな感じ。二気筒はその中間って感じ。

ですね。

これを高速性能にあてはめますと、一番高速道路が苦手なのは単気筒かと思います。

一般道を走るのはトコトコと気持ちいいですが、速いスピードを維持して巡行するのは少し苦手です。

次が四気筒です。

性能は申し分ないのですが、音がかなり出ます。ウィーーーンという甲高い音を聞き続けることになりますので、いわゆる音疲れしてしまいます。

個人的に一番オススメは二気筒バイクです。

特徴があまりなく、どっちつかずなんて言われたりしますが、高速道路ではこの尖ってなさが重要なのです。

ですので、もし気筒数も考えて購入するのであれば、高速道路の面では二気筒のバイクがオススメです。

まとめ

いかがでしたか?

250ccバイクでも十分高速道路を走れることが分かったと思います。

高速道路を使えばいつもよりもっと遠い場所に行けますので、よりバイクの楽しさが増えますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました