0から始めるモトブログのやり方講座【準備編】

YouTube

なんか楽しそうだし、モトブログ始めたいな~

でも、モトブログをやるときに何を準備すればいいのか皆目見当もつかね~、、、

そんな悩みを持った方に向けてこの記事を書きました。

どうも、こんにちは。

僕はYouTubeでモトブログを投稿しており、前チャンネルを含めると、かれこれ2年ぐらいのモトブログ歴があります。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

そんな僕が、今からモトブログを始めたいあなたに向けて、全3回の「0から始めるモトブログのやり方講座」を作りました。

今回は「準備編」です!
モトブログで使う道具や、YouTubeチャンネルについて解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。m(__)m

あ、そもそもモトブログって何ぞやは「 モトブログってどんな意味?モトブロガーの僕が徹底解説してみた 」で解説しています。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Yutarou

22歳のノマドワーカー。バイク旅のノウハウを体系的にまとめたwebメディア「MOTO TRAVELER」運営者。現在は大学を休学しweb制作のフリーランスとして活動中。

≫プロフィール詳細
≫ポートフォリオを見る
≫ライティング依頼詳細
≫YouTube案件依頼詳細
≫お問い合わせ

Yutarouをフォローする

モトブログのやり方【準備編】

Youtube in smartphone

1.使う道具

  • PC
  • GoPro
  • マイク
  • アダプタ
  • SDカード

2.ヘルメットマウント

さて、モトブログの道具系は上記のような順番で紹介していきます。

正直、モトブログのやり方には正解がなく、皆さんオリジナルで工夫を凝らして撮影していますので、参考までにどうぞ。

それではサクッと見ていきましょう。

使う道具

今回は僕が使っている道具を紹介します。

PC

パソコンは何でもいいです。

ですが、動画編集ってけっこうスペックがないと厳しいので、パソコンが古い方は買い替えを検討するのもアリです。

GoPro

GoPro hero4

僕はGoPro hero4 blackを使っています。

現在はもっと新しい型が出ていますが、モトブログに関しては最適解かなって思っています。

理由はマイクアダプタのサイズです。
あとで紹介しますが、 GoPro hero4 blackのマイクアダプタはとてもコンパクトです。しかし、hero5以降はかなり大きい物に変わっており、ヘルメットに付けるにはちょっと邪魔、、、。

マイク

マイク

マイクはバッファローのマイクが安くて音質もよく、オススメです。

ソニーでもいいですが、価格差のわりにはあんまり変わらんかな~。

アダプタ

アダプタ

はい、これがhero4のアダプタです。

小さくて最高!

SDカード

SDカード

なんか64GBだと不具合が多かったので、SanDiskの32GBを使っています。

ヘルメットマウント

GoProマウント

モトブログ特有のヘルメットマウントですが、ヘルメットの形状に合わせて臨機応変に対応する必要があります。

とりあえず、GoProのケースマウントセットを買えばなんとかなるかと。

できるだけ短く

ヘルメットマウントを組むときのポイントは、ヘルメットの接着面とカメラの距離をできるだけ短くすることです。

物理を勉強していなくても感覚的に分かるかと思いますが、接着面からカメラ(重り)が遠いほど、接着面に強い力がかかります。
そうなると、マウントが取れてしまう恐れがありますので、できるだけ短いマウントを意識してみてください。

YouTubeチャンネル

man browsing tablet sitting in front of TV
  • チャンネルコンセプト
  • モトブログの企画

モトブログを始めるための道具はそろいました。

次はいよいよYouTubeチャンネルについて準備していきましょう!

チャンネルコンセプト

まずはチャンネルコンセプトを作ります。

  • チームでおもしろいツーリング風景を発信
  • オススメのツーリングスポットを発信
  • 整備に特化したチャンネル
  • 日本人向け海外ツーリングチャンネル

例えば上記のような感じです。

ガチガチにしぼりすぎることもありませんが、ある程度の方向性が決まっているチャンネルの方がファンが付きやすいです。

「キャンプ動画がおもしろくてチャンネル登録したのに、なんかゲーム実況動画が増えたから登録解除」

みたいになってしまうことをできるだけ避けましょう。

ある程度シナジーがあるジャンルを組み合わせるのはアリですね!

モトブログの企画

さて、コンセプトが決まったら具体的にどんな動画を撮るかを決めましょう。

  • いつ?
  • どこで?
  • 何を?
  • だれが?(だれと?)
  • なぜ?
  • どうやって?

この辺りはしっかりと決めておきましょう。
「ペルソナ」と言われるポイントを抑えることができます。

動画の方向性が決まっていないと撮影不足があったり、編集時に頭を抱えることになってしまいます、、、。

台本は必要

YouTube台本

ツーリング風景の動画なら必要ありませんが、テーマに沿ったトーク系の動画なら台本は作っておきましょう。

YouTube台本

こんなに長い台本を作ることもあります。

1度文字に起こすと、話す順番が整理されて見やすい動画になってきます。

めんどくさいですが、話すことに自身がないなら1度台本を作ってみてください!

まとめ

time-lapse photography of auto rickshaw
  1. モトブログのやり方【準備編】
    1. 使う道具
    2. ヘルメットマウント
  2. YouTubeチャンネル
    1. チャンネルコンセプト
    2. モトブログの企画

今回の0から始めるモトブログのやり方講座【準備編】では上記の内容をお伝えしました。

質問がありましたら、ぜひお気軽に僕のTwitterまで!
≫Yuatrou(@moto__traveler)

次回は【撮影編】ですのでお楽しみに!!

タイトルとURLをコピーしました