「老後に好きなことをする」より今を生きろ

ライフスタイル

どうも、こんにちは。

「老後に好きなことをする」みたいな考えがあまり好きじゃなく、楽しくなさそう。
今よりも体力も健康もない状態で本当に楽しめるのか、、、

そうではなく、今から好きなことを始めて、10年後も20年後も、最期までずっと自分が夢中になれる人生を送りたい、そんな甘い考えを持った僕の持論を話します。

スポンサーリンク

わりと”好きなこと”はすぐ終わる

red no music no life signage

僕の父親は早期退職をしました。理由は「ずっと好きなように旅行がしたかった」からだそうです。
わりと仕事漬けで僕たちを養ってくれたので、早めに退職をしてずっとやりたかったことを実現しようと動きました。

退職後は北海道・仙台・北陸地方などをちょこちょこ旅行していましたが、そのうち数が減ってきました。「どうした?」と聞くと「思ったよりサクッと終わった、暇や」。

たぶんこのブログを読んでくれている人も経験があると思いますが、めちゃめちゃ夢見てたことがやってみると案外サクッと終わったり、期待してたほどでもなかったり、、、

  • 高級レストランに行ってみる → 美味い。納得した、たまにでいいかな
  • 高級バックを買ってみる → カッコイイ。でもまぁこんなもんか。
  • 高級時計を付けてみ → すげえ、、、すぐ慣れた。
  • 日本一周してみる → 大変やけど、全然できるな。

上記はかなり極端ですが、似たようなことがあると思います。

父親はその後どうも暇だったようで再就職をしました。ある意味遊び慣れていないというか、次々にやりたいことが出てこないとわりとすぐに暇になります。

今やりたいことを夢にして老後に叶えても、たぶんすぐに暇になるし、「え、この程度やったら早くやっとけば良かった」なんて最悪の事態にも、、、

好きなことは変わっていく

もし、6歳の僕が「今年から小学生だし、勉強頑張らないとダメだから仮面ライダーごっこは大学生になってから思いっきりやろう!」と思って22歳の僕に託されても困ります。
なぜならその時と今ではやりたいことが違うからです。

22歳の僕が今やりたいことは「旅・バイク・バリバリ稼ぐ」とかです。

たぶん35歳の僕、50歳の僕、80歳のわしはそれぞれ好きなことが違います。

6歳の僕に夢を託された22歳の僕の感想は「いや、我慢せんでいいから6歳の時にやってくれ!」

強くてニューゲーム

person's left palm about to catch black dice
  • マサラタウンを出発し、数々のバトルを経て、殿堂入り。その手持ちポケモンから1匹引き連れて、もう一回マサラタウンからスタート。
  • 格闘ゲームでキャラを育ててレベル100にしたあと、レベル1になる代わりに能力の最大値がアップする。
  • RPGで強いアイテムを引き継いで2週目。

さらにはプレイヤーのスキルも上がっているので、上記のような状態だと1週目よりも楽にゲームを進めることができます。

これを”強くてニューゲーム”って言ったりします。

もし、あなたが今の経験や知識を持ったまま0歳からやり直せたらどうですか?

たぶん幼稚園や小学校で無双できますよね。

諦めたサッカー選手を目指すかもしれません。勉強しまくって東大を目指すかもしれません。

  • サッカー選手を目指す → 練習方法を知っているから
  • 東大を目指す → 勉強方法を知っていて、東大生になる価値が分かっているから

たぶん人生1週目より2週目の方が、サッカー選手や東大生になれる可能性は高いです。

それは1週目の経験や知識を持って2週目に挑んでいるから。

強くてニューゲーム、、、

しかし、人生は1週目しかプレイできない

悲報:人生は1度きりだった件、、、

残念ながら人生は1週目のみでした。つまり、小学校で無双して天才児と呼ばれる夢は儚く散りました。

しかし、実は人生2週目でも無双できないことがあります。それは人生1週目で経験していないことです。

もし、50歳で人生1週目を終了し、0歳から人生2週目を始めても50歳で積みます。

なぜなら51歳からは実質人生1週目だからです、、、

さて、そもそも人生1週目しかプレイできない僕たちは、どう戦っていきましょうか。

答えは、人生1週目中に強くてニューゲームを繰り返す。

人生1週目に強くてニューゲームをするためには、経験と知識と挑戦が必要です。

  • 強くて → 経験と知識
  • ニューゲーム → 挑戦

あとはこれの繰り返し。

1回目挑戦は成功率10%、その挑戦を活かして新たに挑戦で成功率25%、またその挑戦を活かして新たに挑戦で成功率40%、またまたそのちょう、、、

数値は適当ですが、これが人生1週目における唯一の強くてニューゲーム。

これでヌルゲーの人生スタートです!

僕の人生観

brown rock formation

濃い人生を送りたい。

80年の薄い人生より40年の濃い人生がいいです。

やりたいこともなく、やりたいくないことをやって、やりたいことを見つけても我慢する、、、
え?それなんの時間?

それってたぶん自分の人生を生きてないですよね。
人生の軸が他人・外部環境にある。仕事や遊び、夫・妻や子どもにコミットしていても、自分の人生の軸は自分にないとダメです。

勝手に人の人生に軸を置いてはダメです。不法侵入。

逆に他人の人生の軸を自分に置かせるのもダメです。窃盗罪。

子どもはあなたがいないと生きていけないが、子どもの人生はあなたの物ではありません。

自分の人生の軸を自分に置き、自分の価値観・良心に従って生きる。
それによって、外からの影響で上下しにくく、自分の影響の範囲内で人生を濃くできる。

これが僕の人生観です。

感情に左右されながら生きるのはしんどい話
...

一番若いのは”今”

two boys playing under clothesline

あなたの人生で1番若いのは”今”です。

0歳の時ではないですよ。

「もっと早くから○○しとけば良かった、、、」って後悔したことがあるなら、やりたいことは今から始めましょう。

タイミングを見るのも重要ですが、時には思いきって飛び込んでみるのもアリ。
その経験がないと、完璧にタイミングを見ることはできません。

人は基本的に経験不足

何度も繰り返したらだいたいのことはできるようになります。
経験してるからですね。

しかし、この世にあるほとんどのことは未経験です。つまり、基本的に経験不足。

なのになぜ最初から成功すると思っているのですか?
基本的に経験不足なのだから、失敗がデフォルトです。

One Way street sign beside road far at the mountain during daytime

成功は失敗した先にある

実は成功までの道は1本道です。

よく成功と失敗の分かれ道を想像しますが、残念ながら間違っていました。

〇 失敗→失敗→失敗→失敗→おしい→おしい→成功

✖ 失敗 or 成功

そもそも失敗から始まるのです。失敗がデフォルト。

そして、失敗の数が増えると成功の確率が上がってきます。
※思考停止はNG

ユニクロの柳井社長ですら「1勝9敗」。それなのに、もっと経験も知識も乏しい僕らが勝率100%なんてあり得ません。

挑戦って意識しないとできないので、僕は2020年から「毎月1つ新しいことに挑戦する」を始めました。最低でも1年で12個の挑戦をします。

どうせだから2020年の抱負と目標を立てる
...

さあ、一緒に失敗を始めましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました