メモを脳の外付けHDDにすると生活が捗る

ライフスタイル

どうも、こんにちは。

最近メモを取るようになりまして、かなり生活が捗るようになったので布教したいと思います。

わりと侮れないぐらい効果がありますので、ぜひあなたもメモ生活をはじめましょう。

スポンサーリンク

メモを脳の外付けHDDにすると生活が捗る

photo of bulb artwork

「あ~なんやったっけなぁ、あれあれ。うわ~~顔は出てるのに、、、」
「あれ?何しようと思ってたっけ?」

こんな経験ありますよね?
この思い出す作業ってけっこう時間がかかってるんですよ。

また、ふと思いついたアイデアもだいたい忘れます。

そういったことを無くすために、メモを使いましょう。

  • 今日やること
  • 思いついたこと
  • あとでやるつもりのこと

上記のことをパパっとメモを取る習慣を付けると、かなりスムーズに作業が進みます。
マルチタスクになることも防げますね。

このようにメモを第二の記憶。外付けHDDのように使うようになると、見違えるほど生活が捗ります。

メモの内容

メモ

僕はノートにメモを取っており、上下に分割して使っています。

メモ

上の段はメモです。
先ほど書いたようなことのメモを取ります。

とはいえ、思いついたことは何でも書くようにしてるので、特にルールは決めていません。

ジャーナリング

下の段はジャーナリングに使っています。

ジャーナリングとは、感情や頭の中にある考えなどを思いつくままに書き出すことです。

処理することの難しい気持ちや出来事を、書き出すことによってプロセスしていきます。書くことによって、自分の人生の中で起きていることを一度立ち止まって見つめることができます。

5~10分ほど書き続けると、”いま”へのフォーカスが強くなり、瞑想的効果もあります。書き出すことで、だんだんと気持ちもスッキリし、感情や過去に起きたことへの対応が上手くできるようになっていることを感じるはずです。

心を健康にし、モヤモヤやごちゃごちゃした感情を吐き出すことで、その空いたスペースをクリエイティブな思考やアイディアに活かすこともできるのです。

https://life-catalog.com/journaling

ジャーナリングは書く瞑想とも呼ばれており、ひたすら今日の出来事や思いついたことを書き出します。

けっこういい感じなので続けています。

メモの魔力は半端ねぇ

メモ

僕がメモを取るようになったのは「メモの魔力」という本を読んでからです。

正直、「メモの魔力」に書いてある効果のほんの少ししか、メモの魔力を引き出せていませんので、これからメモ力を付けていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました