【必見】リゾートバイトの持ち物リスト【問題なし】

リゾートバイト
リゾートバイト初めての人
リゾートバイト初めての人

初めてのリゾートバイトで持ち物がよくわからない、、、

何が必要なのか、本当にこれでいいのか不安、、、

こんな不安を解決する記事を書きました。

どうも、こんにちは。

初めてのリゾートバイトだと、持ち物がとても不安ですよね。しかも、普通のバイトとは違い泊まり込み、、、
業種によって持ち物が少し変わったりします。

そこで今回は、リゾートバイト出発前に確認できる持ち物のチェックリストをご用意しました!
このチェックリストとにらめっこしながら、リゾートバイトの持ち物を用意して、準備万端でリゾートバイトに出発しましょう!!

日本一周経験のある僕が、持ち物を少なくする知恵も紹介していますよ。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Yutarou

22歳のノマドワーカー。バイク旅のノウハウを体系的にまとめたwebメディア「MOTO TRAVELER」運営者。現在は大学を休学しweb制作のフリーランスとして活動中。

≫プロフィール詳細
≫ポートフォリオを見る
≫ライティング依頼詳細
≫YouTube案件依頼詳細
≫お問い合わせ

Yutarouをフォローする

リゾートバイトの持ち物リスト

person writing bucket list on book

まずは、どの職種でも持っていく基本的な持ち物を確認しましょう。
基本的にはいつも家で使う物や、旅行に持っていくアメニティーが含まれます。

自分のお気に入りや、欠かせない物があれば忘れずに持っていきましょう!

必須アイテム

・現金
・キャッシュカード
・保険証
・身分証明書
・スマートフォン
・充電器
・普段着(3日分)
・ジャージ、スウェット
・下着(4日分)
・歯磨きセット
・シャンプー、リンス
・爪切り
・タオル(2セット)
・箸、スプーン
・コップ
・常備薬
・雨具

・ビニール袋
・シャチハタ

ずらっとピックアップしました。

1つずつ確認していきましょう。オススメの商品も紹介しています。

現金

1~2万円ほどあれば安心です。

あまり大量に持っていく必要はありません。危ないですし。

キャッシュカード

万が一、お金が足りなくなった時のために持っていきましょう。

就業先が現金支給だった時も、すぐに銀行に振り込めるので便利です。

保険証

けがや、病気をした時に必要です。

コピーで構いません。

✓身分証明書

免許証や生徒証を持っていきましょう。

家から離れるときには必須アイテムですね。

スマートフォン

おそらく、ここに書いていなくても持っていくと思いますが一応。

目覚まし時計、懐中電灯、連絡手段、暇つぶし、色々使えます。

充電器

スマートフォンを持って行っても、充電がなくなればただの箱です。

必ず持っていきましょう。

荷物を減らすために、充電器とモバイルバッテリーがセットになったAnker PowerCore Fusion 5000がとても便利でオススメです。

普段着(3日分)

服は必要です。

洗濯することが前提で、3日分あればOK。

圧縮バックを使えば、かさばる服もコンパクトにパッキングできます。オススメです。

✓ジャージ、スウェット

寝るときやリラックスする時に着ます。

あるのと無いのとでは疲れが全然違いますので、必ず持っていきましょう。

✓下着(4日分)

念のため4日分ぐらいあれば十分。

ノーパン派は0枚で。

✓歯磨きセット

人間らしくあるために必須。

接客業で口が臭いのは論外です。オーラルケアは社会人の常識。

✓シャンプー、リンス

備え付けより、いつも使っている物の方がキシキシしなくて済みます。

髪からいい匂いがした方が、清潔感があり、職場の人にも好印象が与えられます。
同僚に差を付けましょう。

リゾートバイトは長期間ですので、買い替え前提で。

✓爪切り

1~2ヶ月もすれば爪は伸び放題。清潔感が全くありません。

忘れがちですが、爪切りは必須です。

✓タオル(2セット)

タオルは色々使えますので2枚ぐらい持っていきましょう。

ただし、タオルはどうしてもかさばりますので、ハンドタオル+スーパードライタオルにすればパッキングが楽になります。

✓箸、スプーン

リゾートバイトの就業先で、食事のときに箸・スプーンなどの食器が必要な場合があります。

キャンプ用のカトラリーで解決しますので、ぜひ持っていきましょう。

✓コップ

上記のカトラリーと同じく、持っていくと何かと活躍します。

ここでもキャンプ用のコップを持っていけば解決。

Amazon | スノーピーク(snow peak) チタン シングルマグ 220 [容量220ml] MG-141 | スノーピーク(snow peak) | マグ・シェラカップ
スノーピーク(snow peak) チタン シングルマグ 220 MG-141がマグ・シェラカップストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

✓常備薬

いつも服用している薬があれば忘れずに持っていきましょう。

✓雨具

1~2ヶ月もいれば雨は必ず降ります。

折りたたみ傘が便利です。

✓ビニール袋

何かと便利です。

3枚ぐらいあれば大丈夫。

✓シャチハタ

100均で買いましょう。印鑑のことですよ。

便利アイテム

・タコ足コンセント
・モバイルバッテリー
・クロックス
・ハンガー
・整髪料
・懐中電灯
・掃除道具

あったら便利なアイテムです。余裕があれば持っていきましょう。

✓タコ足コンセント

コンセントの数が足りないことがあるかもしれません。

コンパクトでUSBも使えるタコ足コンセントがオススメです。

✓モバイルバッテリー

必須アイテムで紹介したAnker PowerCore Fusion 5000でもいいですし、容量がもっと欲しいなら20000mAhの大容量モバイルバッテリーを持っていきましょう。

スマートフォンが5~7回充電できます。

✓クロックス

あれば便利ランキング上位。すっと履けてとても便利です。

かさばるなら携帯スリッパがオススメ。

✓ハンガー

服を干すことが多々ありますので、念のため。

折りたたみハンガーなら荷物になりにくいですよ。

✓整髪料

身だしなみは大切。いつも使っている物で大丈夫です。

✓懐中電灯

スマホでもいいかな~。

✓掃除道具

小さいコロコロと雑巾があればとりあえずOK。

仕事別リストバイトの持ち物リスト

flat lay photo of camera gear on floor

基本的に就業先から事前にお知らせがきます。

そのため、それをチェックすれば大丈夫ですが、一応サラッと見ておきましょう。

ホテル・旅館

【フロント】
黒のスラックス
白いワイシャツ
黒靴下
革靴(ヒール)

【ホール】
黒系のクロックス
黒の靴下

スキー場

・長靴
・手袋
・ニット帽

マリン系

・水着
・加湿器
・日焼け止め

日本なら現地調達は余裕

people inside the market

日本一周をしている時に思ったのですが、基本的に日本なら現地調達が余裕です。
これはリゾートバイトでも当てはまります。

また、スタッフさんにお願いして、Amazonの受け取り先にしてもらえれば何でも手に入ります。

あまり心配しすぎず、最悪現地調達でいいやぐらいに思っていて大丈夫ですよ。

まとめ!

【必須アイテム

・現金
・キャッシュカード
・保険証
・身分証明書
・スマートフォン
・充電器
・普段着(3日分)
・ジャージ、スウェット
・下着(4日分)
・歯磨きセット
・シャンプー、リンス
・爪切り
・タオル(2セット)
・箸、スプーン
・コップ
・常備薬
・雨具

・ビニール袋
・シャチハタ

【便利アイテム】

・タコ足コンセント
・モバイルバッテリー
・クロックス
・ハンガー
・整髪料
・懐中電灯
・掃除道具

【ホテル・旅館】

【フロント】
黒のスラックス
白いワイシャツ
黒靴下
革靴(ヒール)

【ホール】
・黒系のクロックス
・黒の靴下

【スキー場】

・長靴
・手袋
・ニット帽

【マリン系】

・水着
・加湿器
・日焼け止め

以上がリゾートバイトの持ち物リストです。

あとは、個人的に大事にしている物や、欠かせない物をもっていきましょう。
リストには入れてませんが、男性なら髭剃り、女性なら生理用品などもお忘れなく。

僕は皆さんがリゾートバイトで素晴らしい体験ができることを応援しています!

おすすめのリゾートバイト3選【登録必須】


タイトルとURLをコピーしました